• 採用情報
  • お問い合わせ

教育研修制度

  • TOP
  • 教育研修制度

警備員には、資質向上と資格取得を

警備員には、資質向上と資格取得を

弊杜には、全国警備業協会から委嘱されている警備員検定1級講師1人と警備員検定2級講師2人がおります。彼らを中心にし、現在の業界での最新の情報にのっとった教育を実施し、警備員教育の充実を図っております。警備員個人には、資質の向上を目指し資格の取得を奨励して、警備員検定等の資格取得を積極的にさせております。

オールマイティセキュリティサービスの教育システム

オールマイティセキュリティサービスの教育システム

教育のシステムとしては、本社から教官を送り込み実施するという方法とあわせて、各派遣隊の隊長、副隊長に指導教育責任者の資格を取得させ、今、この瞬間の現場に即した教育という着眼点の下、隊員の教育を行っております。また、隊長自身の資質の向上を目指して、自分の派遣隊以外の隊員を教育させるようなシステムをとっております。

また、警備の重要な任務のひとつとしての報告連絡は、関係者全員の情報源として最大限に活用され危機管理の判断材料となります。報告連絡が少しでも遅れればお客様からのクレームとなる可能性が大きくなり、「危機管理に支障をきたすことにもなる。」ということを念頭に入れた勤務が出来るように社員全員に、より一層徹底した教育を実施して行こうと考えています。

警備業は製造業である

警備業は製造業である

弊杜は、『警備業は製造業である』という考えのもとに営業展開してまいりました。もともと『安全』と言うものは存在せず『危険な状態』をいち早く察知して封じ込め『安全な状態』を作り出すものである。という言葉を信念として、優秀な警備員を育成し、ユーザーに『安全』を提供するとともに、工事現場付近を通行する歩行者や自転車などが『安心して通行が出来る』、店に買い物に来られたお客様が『安心して買い物が出来る』環境作りのお手伝いということに重点をおいた警備員教育を実施しております。

弊社は、警備員の質が会杜の信頼を高める『警備員の信頼を第一と考えよ。』という信念の元、危機意識を充分に持った規律正しい警備員の育成を目指した教育の実施に努力しています。

事例研究(特別な事案の発生があった場合を除き年に1回)

事例研究

全隊員を対象にして実施

  • 弊杜の管理する施設において事案が発生した場合、又は特に必要な事案の発生があった場合は必要の都度実施します。
  • 各派遣隊に本杜から幹部杜員が出向き実施する。
  • 隊長・副隊長・当務長と一般隊員とは別々の日に実施する。
  • テーマ内容は同一の物で実施する。
  • 同様な形の事案の発生を防止する方法を考えさせるとともに、警備員としての勤務に対する考え方、基本の姿勢等の教育を実施する。
  • 隊員の考え方や能力の把握を行い、次の責任者クラスの発掘を目指しています。

各警備現場の警備業務

各警備現場の警備業務

各警備現場の警備業務に特化させた教育を実施し、警備員一人一人の業務レベルを向上させて現場に配置できるように致します。

お客様一人一人の安心と安全のために

お客様一人一人の安心と安全のために

上のように、弊杜では、種々の現場での経験を生かしながら、警備員の教育を実施し、優秀な人材を養成し、お客様一人一人に『安心と安全』を提供していこうと努力しています。